セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

早期リタイアへの道【まとめ】

私はファイナンスの専門家ではありませんので自分の経験の範囲でしか語る事はできないのですが、私はお金に関しては結果として以下のポイントで行動してきました。

①ローン(借金)は価値を生まず資産として蓄積されない支出と考え、全力で完済を目指した。

②不動産投資はリスク覚悟で:業者から勧められるような不動産投資は安易に手を出さない方が良い。確実に利益の上げられる物件はプロが運用しており素人の我々には回ってこないと考えてます。もし、購入するのであれば時間をかけて自分で調査し、納得できるものを購入する。それでも空室リスクや経年劣化による設備の費用が発生します。 若い人で自宅を初めて購入する場合は駅近、角部屋、エリアの環境など売却や賃貸のし易い物件かの目線で購入されると良いと思います。家族構成は変わるものです一生住むとは考えない方が良いと思います。 

③株等の金融投資は定期的に暴落するのが当たり前と考え10-20年の運用できる場合のみ投資する事にしており短期投資はギャンブルと同じと考えています。これも素人がヘタに手を出すと負ける仕組みが構築されているのではないと考えています。

④旅行や自己投資は人を成長、豊かにしてくれるので、これらの支出ケチらない事も重要ではないでしょうか。

サラリーマンは安定して収入を得る事ができますが、起業家、芸能人、商売人のように一発当てて資産を築くこともできません。従って、得られる収入から無駄(無価値)な支出を極力抑え、微増でも確実に資産を積み上げて、この資産に安定的に働いてもらうかが大事ではないでしょうか。経験的に基づいた話ばかりですが、資産の4%程度が働いてくれる妥当なゾーンだと考えてます(投資に回せるお金が1千万あれば年間40万程度の不労所得は目指したい)

もちろんこれ以外にも早期リタイアを目指す様々なアプローチはあると思いますので、それぞれの環境や年代で計画してみては如何でしょうか。サンプルとして参考になれば幸いです。

 

teamwork-3275561_640.jpg

Alexas_FotosによるPixabayからの画像