セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

全国住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービスとは?

現在の若者世代は「所有」から「利用」へ価値観が変化しているということですが、定額で全国の家に住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービスというものがあるようです。

address.love

月額4万円の中に光熱費やネット回線の費用も含まれていて同じ家に最大7日滞在可能で、同時に14日分の予約が可能というものです。プチ別荘生活や2拠点生活をしてみたいという人には中々興味深いサービスです。別荘を購入しても月管理費、光熱費、ネット回線で最低でも2万円程度の費用はかかるので、このサービスはアリですね。

リモートワーク推奨の会社勤務で身軽な独身者や夫婦2人世帯であれば、東京近郊の千葉や埼玉の比較的安価な中古の一軒家(車は必要そうなので)を賃貸又は購入し、そこを拠点として、気分次第で全国各地の家に住まう生活とは面白そうです。子供がいる場合は週末や夏休み等の限定利用になってしまいそうですが、別荘を購入するよりはコスパは良さそうです。住居の選択についてもリモートワーク推奨の増加とともに多様性が出てきて面白い世の中になりました。リタイア後に全国各地を住処を変えて生活してみるのも良いですね。

別荘所有にアドバンテージがありそうなのは自分で家を改築やDIYしたり、庭いじりができることぐらいでしょうか。このサービスの会社では別荘や空き家の貸出し、購入も受け付けているようなので、私も別荘住まいに限界がきたら別荘の提供とこのサービス利用も考えてみようと思います。

 

mississippi-4062765_640.jpg

1778011によるPixabayからの画像

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村