セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

生命保険の見直しを考える

2021年度の年間予算を作成していて、私の家計で最も高い支出の項目は生命保険料でした。これは30代に友人の付き合いで加入した生命保険ですが、リタイア生活では重要な資産の一つでもあり、再点検してみました。

お宝保険とは1985年年から1999年までに契約している場合は利率2.75~6%で契約している保険があるようです。1985~1990年はMaxで利率6%で、これ以降が年々利率は漸減していましたが1996~1999年は2.75%の利率が保たれていたようです。

さて、私の保有している保険ですが1998年8月契約(年利2.75%)で養老型保険と終身型保険の2種類でした!(ギリお宝保険でした)この2本に加えて2003年に更に別の友人の付き合いでもう1本合わせて3本の生命保険に加入しておりました。私が60歳までに死んだ場合は3本分の大金が妻に入ることになります。

但し、死亡保険金の非課税範囲は500万×法廷相続人数なので、我が家の場合は多くても死亡保険金1000万が非課税の上限となります。

これ以外にも入院給付金やがん入院特約などを付けておりましたが、日本の保険制度では高額療養費制度があることや最近のがん治療は外来での治療が多くなっており、どうしても入院した時は差額ベット代を払っても個室が良い!などの希望がなければ、入院特約を付ける意味はなさそうです。

というこで結論としては既に友人は退職している非お宝保険1本は即解約。残りの2本は年利2.75%の契約に変更がなければ死亡保険金の減額、入院特約の見直しで60歳までステイでしょうか。今時、ノーリスクで年利2.75%は有り難いです。

insurance-451288_640.jpg

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村