セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

セミリタイアを目指すのは必然だった

私がサラリーマンの30代頃の話です。同期の同僚が上長と反りが合わなかったようで退職した事がありました。最終出社日の挨拶時に「私はこの仕事が大好きなので・・・この業界で頑張る云々・・・」と話しをして会社を去って行きました。

当時の私の仕事に対する向き合い方は生きていくための手段であり”好き”や”嫌い”という感情を持つことは敢えて避けて生きてきたので、”心から仕事が好きな人もいる”ということに何か衝撃を受けた事が今でも記憶に刻まれています。

日々の仕事の中では勿論、辛い事ばかりではなく、楽しい事もたくさんありましたが、私の場合は最後まで”仕事が好き”という境地には至りませんでした。

世の中は”好きではないけど仕方なく”の方が大勢であると信じていますが、もし自分が天職に就き仕事をしていたら、それはそれで幸せな人生だったかもしれないと思いますが、仮に時を戻せたとして、収入を度外視してでも就きたい仕事があっただろうか?と想像を巡らせてみましたが、自分にとっての天職は残念ながら思いつきませんでした。

仕事が”好き”でなければ、自分を偽ることなく早期リタイアを目指すのは必然ですね。

f:id:Shaaa:20210208104250j:plain