セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

最近の情報メディアの功罪

最近の傾向として、新聞発行部数の減少や若い人のテレビ離れが進んでいるとの話を聞きます。そこそこ高齢の私でもニュースはスマホ、夜はYouTubeを観て、テレビは録画したものを日中にCMを飛ばしながら観るというスタイルになっています。

便利な反面、少し気になる事もあります。スマホのニュース(Top)は私の興味に応じた記事を自動で選択してくるので、移住、転職、株・不動産、バイクなどの話題で記事が埋め尽くされています。YouTubeもお勧め動画をこれでもかとごり押しされ、新鮮なランダムな話題に触れたくてもランキングや検索しないと触れる事はできません。

昔はそもそも限られた情報源しかなかったので意識せずともランダムに情報が入ってきましたが、今の時代は個人の思想、趣味、嗜好を徹底的に掘り下げて、自分にとって心地よい情報のみが選択されて送り込まれれるので自分の思考が偏向していくのではないかという恐怖感すら感じます。

特にリタイア生活に入り、社会から断絶した状況になるとこの傾向は加速され「井の中の蛙」状態になっていくのを実感します。意識して自分の興味以外の分野に触れて見聞を広げる事も大事だと感じています。

大手新聞社やテレビ局が昔のように国民を簡単に洗脳できなくなった事は良くなった事なのかもしれません。

f:id:Shaaa:20210226114539j:plain