セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

死亡時の給付金

リタイア生活となりサラリー(集金)マシンとしての役目は終えてしまいましたが、果たして自分が不慮の事故や病気で死亡した場合に遺族に残せる物は何があるのか調べてみました。

  • 健康保険から支給される埋葬料→申請すると3~5万円が支給されるようです(知らなかった。。。)
  • 遺族基礎年金・遺族厚生年金50~180万/年これは少々要件や計算が複雑ですが、「年金に加入している人に生計を頼っていた遺族が給付を受けられる年金」子が18歳まで、専業主婦が対象でしょうか。
  • 上記の対象とならない場合は死亡一時金が最大で32万支給されるようです。貰える優先順位は配偶者→子→父母の順です。

ここまでが公的支給で葬式代の一部負担といった感じでしょうか?国民年金は支給前に死んでしまうと完全に寄付となってしまうのですね。

shaaa.hatenablog.jp

これ以外は民間の生命保険となりますが、私の場合は若い頃に友人の付き合いで加入した保険を見直しもできずに3つも入っているので、こちらの保険金は厚めです。

これ以外にはクレジット会社の付帯保険では「海外・国内問わず旅行中に事故で亡くなった時には数千万円から1億円規模の保険金が支給」の様な保険や、バイク乗りの場合は任意保険等も対象となる場合がありますね。

f:id:Shaaa:20210518121630j:plain