セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

早期リタイアして変わった事【将来への不安がなくなった?】

セミリタイアして1年半ほどが経過しましたが、多くのセミリタア系ブロガーの皆さんも書いている様に私もストレスフリーの環境で時々瞼がピクピク(顔面神経痛?)もなくなり、ベスト体重を維持できており、健康増進に繋がっていることは間違いありません。また、自身の考え方が変わったと感じる事があります。

サラリーマン時代は毎年業務目標と自己啓発目標を作成し、達成に励み?、1年後、3年後、10年後に自分はどうなっているのだろうと想像し、時には悲観的になったり、このままではいけないと常に何かに追われるような感覚があったように思います。

早期リタイア生活開始直後もこのような生活がいつまで続くのだろう?お金は?このままで良いのかといった将来への不安を感じてしまい、サラリーマン時代の癖で物を考える事が多かったように思います。

最近の思考は将来を考えたところで、何かが大きく変わる事がないという事実が身に染みて理解できるようになり、今の生活の良し悪しや、あるかどうかも分からない将来への不安は考えなくなったのだと思います。

サラリーマン時代は短期目標を設定し、短距離走の繰り返しが続きますが、リタイア生活は果てしなく続くゴールが見えない長距離走であり、ゴール(死?)も遥か彼方で見えないので、とりあえず走る事も止めてみて、徒歩に切り替えることで今迄は見る事ができなかった足元や空を見上げる事になり視野(価値観)が変わった事が原因だと感じています。

この別荘生活がいつまで続くか、その後はどうするのか?全くの白紙状態ですが、不思議に不安はありません。考えたところで、元には戻れませんし、なるようにしかなりません。😉 

過去の後悔とあるかどうかも分からない将来の不安ほど無意味な事だなぁと思います。人は来る時が来れば、皆平等にThe Endですしね…

f:id:Shaaa:20211001113834p:plain