セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

セミリタイア(別荘)生活の理想と現実のギャップ

早期リタイア前はリタイア後の理想的な生活を思い描いていました。

早期リタイアと別荘移住から1年半が経過し当時の妄想を検証してみようと思います。

【リタイア前の妄想】

  • 東京(妻子在住)と那須の2拠点生活で両拠点を頻繁に行き来する。
  • 気が向いたら週3日程度のバイトやクラウドワークス(自宅で仕事)をしながら、金融投資も積極的に行う。
  • 国内旅行やツーリングを楽しみ、YouTubeでモトブロガー(バイク関連の配信者)でもしてみる。

f:id:Shaaa:20211029103912p:plain

結構本気で計画を立てておりました。。。では現実は?

仕事:私の読みの甘さとでも言うべきか、ハローワーク通いの時に数件の軽作業のパートの応募では全て履歴書送付時点で弾かれるというのが現実で、クラウドワークスの仕事も簡単な事務仕事には1件の求人に数十人が群がるという現実に早々に撤退しました。

金融投資:お金に関しては想定以上に生活がミニマム化され(家計支出が少ない)、金融投資でお金を増やすというモチベーションはサラリーマン時代以上になくなりました。毎月ロボアド(自動投資)で定額を積み立てる以外は積極的な売買はしておりません。

2拠点生活:コロナ禍の移動制限や往復の交通費(1万程度)の負担を考えると、両拠点を頻繁に移動する生活からは程遠く、田舎に引き籠る生活となっております。まれに訪れる友人や家族のための別荘管理人となっております。

YouTube配信:失笑されそうな計画ですが、ご想像の通りYouTube配信はそんな甘い世界ではなく、Gopro(カメラ)まで買って準備はしたのですが、今はGoproに埃が積もっております。

*過去のSSブログで愛車W800で別荘地内疾走シーン30秒映像をアップしております(苦笑い)。

ということで、現実はただ田舎に隠居している無職の高齢者の様な生活スタイルとなっております。😅

我ながら50代のまっとうな大人の発想としてはあまりにも稚拙で無謀で笑うしかないといったところです(反省)。やはりサラリーマン時代は疲れていたのかなぁ。。。?

f:id:Shaaa:20211013160726j:plain