セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

「冬季の室内温度は18℃以上をキープするべき」(WHOが勧告)

2年目の那須高原の冬ですが、寒さへの慣れ(厚着の徹底)と灯油価格の上昇による節約意識から、リビングは室温10℃程度では暖房器具を使用しない。暖房器具は小部屋で最低限使用する生活を強いていましたが、以下のような記事がありました。

ca-pore.com

寒さが健康(血圧等)に良くないという事は認識しておりましたが、2018年11月に保健機構(WHO)から、「住宅と健康ガイドライン」が発表され、暖かい住まいや断熱工事などの推進勧告が出されました。その内容には、「冬季の室内温度は18℃以上をキープするべき」ということが明示されているようです。

この記事で紹介されている「都道府県別冬季の死亡増加率」では栃木県が1位という結果が掲載されておりました。😨

但し、「都道府県別の在宅中の平均居間室温」では北国が必ずしも室温が低い訳ではなく、香川県大分県の室温の方が北海道よりも低いという結果です。暖房設備の違いですね。

リタイア生活では節約行動が麻薬の様にエスカレートしがちですが、ここは節約を突き詰める箇所ではなさそうです。ということで、石油ファンヒーターの設定温度を18℃にしてポカポカの部屋でブログを書いています。

別荘と言えばやっぱり「暖炉」かなぁ~。

f:id:Shaaa:20211209113057p:plain