セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

早期リタイア3年目は非課税世帯か?

早期リタイア後の容赦ない税金(住民税)徴収でリタイア者は1~2年間は苦しめられる事になります。私の場合は1年目はサラリーマン時代とほぼ同額の負担、2年目は高い社会保険料(健保)で一部は相殺できましたが、家賃収入+サラリーマン時代の収入の残りがあったので住民税を納める事になりました。

さて、3年目以降は非課税世帯となるのか勉強してみます。

私の住民票のある自治体で均等割と所得割のいずれも課税されない(非課税になる)場合の条件です。

前年中の「合計所得金額」が下記の金額以下の方

  • 扶養親族等無の場合45万円
  • 扶養親族等有の場合35万円×(扶養親族等の数+1)+31万円

私の場合扶養親族1名なので101万円が所得の上限です。

リタイア後2年目は高額の健保(任意継続)の支払いがありましたので、3年目は家賃収入があっても課税される所得(収入ー経費)はマイナスとなり非課税世帯となりそうです。

不動産収入の場合、賃貸収入から経費は控除できますが、控除は管理費、固定費、固定資産税、減価償却、手数料等で賃貸収入の約60%程が控除できます。つまり100万の年間賃貸収入がある場合は課税される所得は40万程度です(私の場合)。

3年目以降の社会保険料国保(扶養家族1名)+年金)の支払いを40万/年と試算した場合約140万(101+40)の所得であれば非課税となります。逆算すると不動産の賃貸収入は約230万/年間(月額19万)までは非課税をキープできそうです。

上記は扶養1名の試算でしたが、扶養家族がいない場合は45万+30万(社会保険料負担見込み)で非課税の所得上限が約75万に引き下げられますので不動産賃貸収入の上限は約115万/年(月額95,000円)でしょうか。

不動産収入は得たいけど非課税世帯の恩恵は受けたいという方は参考にしてみてください不労所得を得ながら非課税世帯というのは社会的には少々後ろめた気もしますが…)

あくまでも個人的な試算であり、個々の不動産の条件、家族構成、自治体の税額に違いがあります事はご容赦ください。😓

f:id:Shaaa:20220112122212p:plain