セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

【相続税】一次相続、二次相続って何?

不慮の事故や病気で人生の中で老後資金を貯め込んだ資産最大のタイミングで残念ながらこの世を去る事もあり得ます。使いきれなかった財産を国に没収される事はないのか?相続税を調べてみました。

www.resonabank.co.jp

相続税は金融資産だけでなく、不動産や保険も対象になるので要注意です。

配偶者+こども一人の場合、基礎控除(税金がかからない範囲)は3,000万+600万×法定相続人(2人)=4,200万となります。預貯金と不動産を足しても約5,000~7,000万の範囲であれば国からの財産没収はなさそうです。

それでは預貯金(金融資産)5,000万、相続税評価額が5,000万の不動産を所有して10,000万の財産を保有している場合ではどうでしょうか?この場合、基礎控除を超える5,800万が課税価格となります。

◎ケース1:取り敢えず配偶者へ全部相続した場合。

  • 一次相続 配偶者に全部(非課税/配偶者控除
  • 二次相続 配偶者から子供への相続が10,000万の場合、基礎控除が3,600万なので課税価格は6,400万となり、子供への課税額は約350万円となります。

◎ケース2:一次相続から配偶者と子供に按分して相続した場合。

  • 一次相続 配偶者と子供に按分して相続(課税価格5,800万)。配偶者は非課税、子供の課税額は約90万となります。
  • 二次相続 亡くなった母から5,000万の相続した場合、基礎控除が3,600万なので課税価格は1,400万となり、子供は非課税となります。

面白いですね。配偶者が長生きする可能性(自信?)があるのなら、ケース1を選択して亡くなるまでに散財をして財産を減らす⁉。長生きの自信がないなら安全にケース2を選択でしょうか。。。

やはり、「DIE WITH ZERO」が理想である事は間違いないですね。財産なんか残してもロクな事はなさそうですし。

f:id:Shaaa:20220214125835p:plain