セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

「まだ肌寒いんかい!」(灯油を使いきりたい)

高原生活も2年が経過し高原の気候にも慣れてきたつもりでしたが、今年の那須高原は気温の寒暖差が激しい春となっています。

今年は電気毛布を撤去、再設置を3回以上は繰り返しています(現在も使用中)。

服装もTシャツ1枚で過ごした翌日にヒートテック+フリース2枚重ね+モフモフの上着の冬用衣服に逆戻りするような日々が続いており、部屋の隅には夏服~冬服がフルラインナップされております。

暖房器具も雨の日や朝晩に時々使用する時があるのですが、灯油の消費がリタイア生活とお金の関係に似ているようで面白いです。

灯油の購入は2月に36L購入が最後でしたが、理想を言えば最後に購入した灯油を今季中に使い切りたいのですが、これがリタイア生活者の究極の理想である「死ぬ時に資産が0になる」という考え方と似ています。

夏までに灯油を使いきりたいが、もしかしたらまだ寒い日があるかもしれないという憶測と季節の進み具合を見比べながら使用を我慢したり、無駄に使ってみたりと試行錯誤を繰り返しています。

まぁ、灯油の場合は夏を越しても問題はないのですけど。。。

しかし、世の中には使いけれない程の灯油(お金)を保有しているのに万が一にでも夏に氷点下(不測の事態)になる可能性を捨てきれずに灯油(お金)を抱えこむ人も多数いるんだろうなぁと考えていました。

GWも後半の今日の気温は暑くも、寒くもなく、空が澄み渡る快晴で快適です。そして残り灯油量は5L程でしょうか。