セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

「別荘は買ってはいけない」って本当?

別荘購入についてのメリット、デメリットについては本ブログで2年間の実体験を元に書いてまいりましたが、良く纏まった記事を見つけました。

magazine.aruhi-corp.co.jp

記事冒頭の「かつては富裕層のステータスでもあった別荘・・・」という悲哀のこもった表現。。。裏を返せば別荘はバブル時代の残滓となり、格安でたたき売られている(いた)のは事実であり、手軽な価格で購入できるチャンスでもある訳です。最近はコロナの影響で別荘市場が多少活気づいていますが…。

本記事ではデメリットとして 

ランニングコスト発生 ②税金 ③住宅ローン利用できない ④定期的に管理が必要 ⑤子供が成長すると行かなくなるケースあり ⑥使わなった時に売れるとは限らない

メリットとして 

①長期滞在しやすい ②災害時に避難先になる ③賃貸や民泊として利用できる ④リタイア後に第2の居住地として利用できる

メリット、デメリットは概ね記事の通りだと思います。

別荘にかかる費用も過去の記事で試算したように車を所有する程度のランニングコストは発生します。

shaaa.hatenablog.jp

現役世代の場合は在宅勤務が取りやすい職種の人(別荘の利用頻度が増える)、自然派の趣味(釣り、登山、キャンプ)を持っている人、家庭菜園、DIYが好きで車の移動が苦にならない方は検討してみる価値はありそうです。

しかし、高齢者(70歳Over)の方は家や庭管理の維持が想定外にハードなので、のんびり悠々自適とはいかない生活が待っているかもしれません。

個人的には早期リタイア後の本当の老人?になるまでの退避場所としての別荘は面白い選択肢だと信じております。