セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

田舎暮らし虫の話(益虫と害虫)

シルバーウイーク前半の最終日ですが那須高原悪天候にもかかわらず観光客で溢れております。そして、今日は台風の影響で雲が高速で流れております。

さて、誰も聞きたくないであろう虫の話題です。私も毛嫌いする程ではありませんが屋内で遭遇すると今でも「ウっ!」と身構えてしまいます。

それでも田舎暮らしでは外に出れば遭遇するというレベルではなく共生しているという感じで生物(昆虫)で溢れております。

これらの昆虫も人間目線で益虫と害虫で分類されております。

害虫に属する昆虫は「ハエ、蚊、ゴキブリ、ダニ、スズメバチ等」(血を吸う、刺す、病原体の媒介など)

益虫に属する昆虫は「ミツバチ、ミミズ、クモ、ゲジゲジ等)だそうです。

この中でもクモ、ゲジゲジは人間に危害を加える事もなく害虫王G🪳の捕食者でもあり何とも頼もしい存在なのですが、見た目の悪さから益虫にもかかわらず「不快害虫」と新たなカテゴリー分類され人間の殺虫剤の対象となっております。

私の場合も大変申し訳ないのですが、屋内でクモ、ゲジゲジくんとお逢いした際にはコロコロで昆虫標本になって頂いております。勿論屋外の場合は一切殺生は致しません。

木の蜜に群がる子供に人気の動作が鈍いカブトムシクワガタを見ながら、もしコイツが屋内でGのように素早く「ササっと」動き回れる運動能力を保持していたならば間違いなくGより一回り大きく、角まで生やしたこの黒光りした虫は最強の不快害虫にされていたんじゃないかと思いながら、冬になれば彼らとも暫しお別れとなります。