セミリタイアして別荘地に住んでみる

那須の別荘地で緩~い田舎暮らしの実験中です

もうバイト辞めたくなったセミリタイア人

運動不足解消目的という不純な動機から始めた週3回5時間/日勤務のアルバイト生活ですが、1ヵ月経過です。2年間の完全リタイア生活に慣れ切った心と体にはやはりハードでした…

体はギリギリ大丈夫なのですが、小さな職場で繰り広げられる人間模様には原則不干渉の立場を続けてきましたが、見てる方が辛くなるような社員間のパワハラ的な振る舞い(表現方法が下手なだけなのですが…)も散見されます。

そして、少々辛い立場の会社を辞めたいと悩んでいる20代の男性社員の方と2人きりになる場面で傾聴スキルを発動して悩みを聞いているうちに「辛いのなら無理して留まる必要はないよ。20代ならまだ可能性もあるし辞めても大丈夫だよ!」などとプチカウンセリングになってしまいました(結局辞める事を決断したようです…)。

個人的には週15時間の労働に体だけを提供したいのですが、詰まるところ心体分離は難しく精神が持っていかれちゃうんですよね。大きな組織であれ、小さな組織であれ、仕事ってお金を貰う対価として精神を切り売りしなくてはならないのが辛いところです。

そんな週末アルバイトを終えて満身創痍の体で「幸楽苑」でW餃子+半ラーメンを食べて帰り道の温泉(源泉 那須)のお湯につかりながら「やっぱバイト辞めようかなぁ~」と早くも弱音を吐くセミリタイア住人の週末でした。

shaaa.hatenablog.jp